Marvelous Gaming Blog

ゲーム実況・生配信活動をしている「まーぶる」が綴る適当且つ暇潰しのゲームブログ

いよいよ今年も終わり!来年のゲームラッシュに備えろ!



みなさんやっはろー!

 

f:id:mavecham:20181229204709j:plain


ということでお久しぶりの更新になります
はいということでね

最近はもっぱらPSO2やらyoutubeのゲーム実況投稿でてんやわんやしながら
少し落ち着いたのでゴッドイーター3を今は黙々とプレイ中です

ってことで
皆さん今年一年ゲームライフ充実していましたでしょうか?!

 

2018年も「ゲーム発売豊作イヤー」でしたが
来年も1月から
すでに話題になってるゲーム作品ばっかりです!えぇ!

ということであたくし個人的に「これは買いだろ!」って作品を
来年の月ごとにyoutube動画を踏まえて書いていきたいと思いますよん!

  

2019年1月25日発売
キングダムハーツ3」
いよいよキングダムハーツ・ダークシーカー編完結作品が発売!
PS4での最新グラフィックや新しい戦闘・ギミックを大量追加して発売
今回もトゥルーエンドがあるのかどうか見物です!
1月では一番売れると思われるので前作をプレイしてる人は必見! 

2019年1月25日発売
バイオハザード2 RE:2」
言わずと知れた大人気作名作のバイオハザード2の完全フルリメイク版
グラフィックもバイオ7のエンジンを利用して完全に一新!
感染者・ゾンビもヘッドショットで死なない位タフで高難易度設定になってます
なので「倒す」か「逃げる」かの選択で生存の分かれ目になってますよ!
PS版をプレイした人もこれからバイオ2をプレイする人も楽しみな作品ですな

2019年2月15日発売
「メトロエクソダス
メトロシリーズ最新作がいよいよ海外と同時発売でリリース!
主人公アルチョムの新しいステージでありオープンワールドに進化しています
どういう物語を織りなしていくのか注目です!
前作をプレイしたことがない人は今からでも遅くないので
2部作両方収録されてるPS4版「メトロリダックス」のご購入を!


2019年2月22日発売
「ANTHEM(アンセム)」
ドラゴンエイジマスエフェクトなどを手がけているバイオウェア最新作
SFの世界をシューターRPGで駆け回るオープンワールド作品
海外では大注目されてるタイトルなので海外ゲーム・洋ゲー好きは注目です!
2月1日から全員参加可能の「ベータ・体験版」もあるのでそちらも是非!

 


2019年2月28日発売
「LEFT ALIVE(レフトアライブ)」
フロントミッションシリーズの最新作
今回はヴァンツァーを乗り回すのではなく3人の主人公視点で駆け巡る物語
ジャンルとしてはサバイバル要素が強いアクションシューターです
選択・戦闘時の判断は全てプレイヤーに委ねられているTPSになってます
フロントミッション4の世界観を舞台にしているのでFM4をプレイした人は必見!

 


2019年3月8日発売
デビルメイクライ5」
デビルメイクライ最新作は4の数年後を舞台にした新しい物語が開始!
魔界から帰ってきたダンテ・謎の男Vもプレイアブルキャラとして利用可能
もちろん4の主人公ネロを主体にして物語は進んでいきます!
スタイリッシュアクションの革命的な作品なので3月はコレは買い確定です!
XBOXONEでは体験版が配信決定してますがPS4版はなしみたいですねぇ 

2019年3月15日発売
「ディビジョン2」
世界的大ヒットをしたハクスラ型TPSシューターRPGの続編!
今回の舞台は前作と違いワシントンDCの全体が舞台になっています
今まで町並みは変わりませんでしたが今回は前作の倍以上のMAP規模みたいです
またシステムも根本的な部分は前作と同じですがかなり改変されてる様子!
来年1月からは前作「ディビジョン」がフリープレイで配信決定
そして予約した人限定の「プライベートベータテスト」も近日開始します

2019年4月26日発売
「Days Gone(デイズゴーン)」
PS4独占タイトルのゾンビオープンワールドハンティングアクション作品
大量のゾンビを相手に一人で立ち向かう勇姿を描く作品
オンライン協力プレイではなく完全シングルプレイタイトルになります
海外・国内でも最も来年期待されてる作品ですね!

 

ということでいかがでしょうか?!
来年から物凄い豪華ゲームタイトルが発売されるので
ご自分のお財布と要相談してくださいね!

それでは良いお年を!
また来年には更新しますので今後共当ブログをよろしくね!

んじゃまったにー!



Copyright © Marvelous Gaming Blog. All Rights Reserved.
無断でサイト全体のコンテンツの転載・無断での画像文書の利用を著作権法に基づき禁じます
各企業・名称・商標・著作権は法律上に基づき企業や個人に依存します